ホーム閲覧方法競馬放送局とはサポート

講師
2019.10.13 更新

<重賞データ分析コーナー>
*前日予想と違って、不定期だがほぼ毎週出走馬確定前に行っているMの次週重賞データ分析コーナー。
 前週のデータ分析を回顧し、当週の重賞を過去数年にわたってデータ分析しています。
出走馬確定前に分析しているので、今回の出走馬ではなく、あくまで近年の連対馬、人気で凡走した馬のステップを解析し、そのレースの質(特徴)を読み解くと同時に、Mにおけるデータ分析手法の実践を通し、その習得を目指したコーナーになります。

新たに編集S君の予想と、それに対する今井氏のワンポイントアドバイスコーナーが付いて、重賞分析がさらに使いやすく、増量パワーアップ!


---------------------------------------

秋華賞データ分析


編;先週の重賞はなんかやりにくかったですね。サウジアラビアRCは3連複2点目、毎日王冠も馬連1点目で当たりましたが、なにせこの2レースは少頭数でどうしようもなかったですよね〜。今井さんが珍しく人気サイドの予想でしたし、諦めて僕も堅く買いましたけど。日曜の重賞以外の勝負レースは、3連複1点目と信越Sで本命が勝って馬単3060円的中でしたんで、まずまずでしたかね。で今週は秋華賞です。秋の重賞は本命がガンガン勝っていたので、また今週大きい単勝当てて下さいよ〜。それと2年前のクロコスミア本命とか、結構面白い展開の多い府中牝馬Sもありますし。

今;そういえば今週もS君は重賞予想、当たってたね。

編;堅いやつですから(笑)。京都大賞典は、いくらなんでも荒れすぎでついていけませんでしたけど。こっちは今井さんが7番人気の人気薄本命だったんで、楽しみにしてたんですが・・・。

今;人気馬が堅いってほどでもないメンバーだったよね。京都らしい、速い上がりの差し競馬になるという読みで、人気薄の量系ウラヌスにしたら上がりの掛かる前残り競馬になっちゃった。先行馬と、差し馬は内枠しか間に合わない形で、パワータイプが上位を占める競馬になるとは計算外だったよ。ウラヌスの得意とする競馬と真逆になっちゃうとはだよね。間隔開けて8キロも減ってたから、栗東滞在での調整に失敗してパワー不足になった感もあったけど、栗東滞在は一か八かの部分があるから逆の方に出ちゃった。馬体減りの体力低下のところに消耗戦のパワー勝負になってということで、体力切れだった。

編;京都では、たまにこの前残り競馬はありますよね〜。で今週ですが、秋華賞と、月曜に府中牝馬Sもあるということで、そちらのワンポイントアドバイスもして貰えればと思ってます。

今;それなら秋華賞をいつもより少し短めに見ていって、府中牝馬Sのワンポイントアドバイスも最後にしておこうか。

編;そうですね!例によって単行本とは着順の区切りとかを変えて、別の角度からデータを見て貰おうかとも思います。

今;少し違うところからチェックすると、2つの方面から確認することになるんで、より立体的に見えてくるという効果があるよね。もちろん、単体でも機能するように分析していくよ。

編;では昨年から見て貰いましょう。18年はオークス1着からの1番人気アーモンドアイが勝ちました。ただオークス勝ちからの登録はないので2着ですが、1000万の芝1800mを1着後のミッキーチャームが来ました。

今;確か単行本のこの部分は距離ゾーンが広い解説だったんで、せっかくだからここでは1800m限定で見てみようか。2勝クラスの芝1800m勝ち馬は、18頭中3頭が3着以内だよ。来た3頭は前走2番人気以内で激走ではなかったタイプ。このタイプだと、12頭中3頭が来ていて、前走が0.2秒差以上勝ちなら7頭中3頭が来ている。4番人気以内が1頭だけだったことを考えるとまずまずで、勢いのある馬は怖いね。ただ前走6番人気の馬もあわやの4着に来ているから、前走人気薄だった馬も軽視は出来ないよ。その馬は前走逃げていた。3角1番手の馬は、二桁人気2頭を含む4頭中3頭が5着以内に好走しているんで、注意しておきたい。2走前は、2000m以上だと6頭中1頭が来ているんだけど、来た馬は、2,3走前が小回り札幌で、前走は3角4番手と積極的に動いていた。それまで長い距離とかの場合は活性化を施しておかないと、相手強化で嫌がるリスクが高くなる。今回の脚質は1角で1番手と4番手と17番手。4着に好走した馬も1頭いて3番手。つまり今回は前寄りで競馬する馬の好走確率が高いんだけど、極端な脚質を大胆に取りそうな馬は、後ろからでも怖いというデータになってるよ。

編;では3着ですが、ローズS1着後のカンタービレが来ました。

今;こっちも単行本と区分けを変えて、ローズS1着馬限定で見てみよう。そうすると、11頭中7頭が3着以内だ。施行条件が全く違うだけに、ストレスが薄いぶん、勝ち馬は相性が良い。ただ2番人気以内で消えた馬も2頭いるから、安心は出来ないよ。来なかった4頭中3頭が前走3角13番手以降。追い込み馬の距離延長という、Mの逆ショックは危険性が出てくる。あと道悪の年は3着と4着。特殊バイアスだと一押しを欠くリスクが増すということだけど、まぁ道悪のサンプルが2つだけではなんともだね。それと前走が7番人気以下の馬は3頭とも消えたから、前走激走過ぎるのも反動が怖い。2,3走前がともに2000m以上の馬も2頭とも消えたように、活性化が弱いとリスクが出てくるから、その場合は距離以外の方法で活性化を補っておきたい。

(続く)

---------------------------------------

コラムの続きをご覧いただくには『推奨レース&重賞 2,100P』か『重賞予想 1,200P』のチケットをご購入ください。

コラムの続きは土日いずれの日の講義の中でもご覧いただけます。


推奨レース&重賞 10月13日(日)(2,100P)  購入
推奨レース&重賞 10月14日(月)(2,100P) 購入
重賞予想 10月13日(日)(1,200P) 購入
重賞予想 10月14日(月)(1,200P) 購入

Copyright(C)iCube,Inc. All rights reserved.